--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/06/29(木)
『適応できず』
保育参観に行ってきました。
最近、保育園で泣きっぱなしの彼女。
連絡帳には、「ずーっと保育士に抱っこされていないと不安の
ようで、いつも泣いています」と書かれるほど。

保育参観は朝一から参加。彼女をつれて教室にはいると、
半べそ+金魚のフン状態。
ずーっと私の側から離れません。

で、保育参加のカリキュラムは

08:30~お部屋で遊ぶ
09:15~おやつの時間
09:45~お外で遊ぶ
11:00~お昼ごはん
11:45~お昼寝

というもので、私はお昼ごはんの途中で退席し、先生と面談
しました。

いや~、いろんな子がいますね。
彼女のりす2組は18人。
1人の世界で遊ぶ子、世話好きな子、なんでも人のものを取り
上げる子、ママに引っ付いて離れない子(←彼女)
みんなかわいいくて、おもしろい!

基本的に子供には好かれる私。
彼女と遊ぶ傍ら、他の子とも交流を深め、仲良くなりました。
おやつの後の紙芝居では、子供を3人(彼女含む)膝に乗せ、先生の
の上手なお話やお歌で遊びました。

みんな彼女より、いっぱいしゃべられる子ばかりで、みんなに
しえちゃんママと呼ばれ、ちょっといい気になった私は、いっ
ぱい泥だんごを作ったり、高い高い(もちろん、彼女を抱っこした
まま)をしたり、みんなの人気者です。

そんな人気者の私を独り占めしたい彼女は、私に近づいてくる
お友達を、次々と払いのけます。
(こりゃ、友達と遊ぶのはまだまだ先だな)

保育参加をして感心したことは、要所要所で歌を歌うこと。
食事の前、紙芝居の前、移動を開始する前など、子供を集中さ
せたいときには、必ず振りつきの歌を歌っていました。

子供達はみんなその歌が大好きで、一緒に歌を歌ったり、手を
叩いたり。彼女はまだ全部歌えないけど、掛け声やちょっと
した振りつけなど披露してくれました。

気持ちを落ち着かせる意味でも、これは、自宅でも取り入れた
いなぁと思いました。


で、主目的の面談。
この頃、保育園ではグズグズ全開の彼女。
先生の開口一番、「集団生活に入る準備ができていなかった
ようですね。保育園にはなかなか適応できないようです。
まずは、お母さんの職場を変えることはできませんか?」

つーか、先生に転職を勧められるとは思いませんでした。
4月は、風邪でほとんど登園できず
5月は、大分慣れ、1人でも遊べるようになり
6月は、泣いてばかりで先生から片時も離れようとしない
あまりにもずーっと泣いているので、彼女を思う先生が、「この
ままでは、しえちゃんがかわいそうです。お母さんの仕事を
かえることはできませんか?」と言ってきました。
(内心、そんなのあなたに言われる筋合いはないと思いながら)
「そうですね、正社員じゃなければすぐにでも辞めるんです
けどね・・・」なんて答えてみました。

そうはいうものの、連日の連絡帳には、「機嫌悪い」、「泣いて
いる」と書かれるので、事前に会社に相談しており、7月の最初
の2週間はいつもより1時間早く仕事を追え、迎えに行き、彼女
と一緒に過ごす時間をちょっと増やそうと思っています。


それもこれも全部私のせい。自業自得。

折角保育園にも慣れたとろだったのに、6月に入ってから仕事が
忙しくなってしまい、彼女と過ごす時間が激減。

 私が残業なんてせずに、彼女と遊んであげれば・・・
 ちけにお迎えに行ってもらわず、私が迎えに行けば・・・

寂しい思いをさせてごめんね。
後悔先に立たずとは、まさにこのこと。

彼女の症状はかなり重症で、単に昼間のグズりだけじゃなく
夜泣きも全開。ついでに遅寝(23時から24時)ときたもんだから
夜の睡眠は約6時間。まるで大人並み。

睡眠不足は、成長ホルモンの分泌を抑え、性的早熟や生活習慣
病になりやすいと聞きます。また情緒不安定になるそうで
昼間のグズグズに拍車をかけています。

さらに食欲増進。
これって過食症?と思うほど、よく食べます。
朝ごはんは、トースト(耳なし)を1.5枚(6枚スライス)+しゃけ
おにぎり。昼もお代わりをするし、夜もご飯は2杯。おかずも
お代わり。もちろんお菓子もたべ、挙句の果てには夜泣きで
起きたときも「まんま」と言って、ご飯を0.5杯食べます。
ちょっと異常なんじゃないのと心配になるほど。

まだまだ、グズる要因はあって

①居場所が見つけられない
保育園では、食事の時と寝るときだけは、泣かないそうです。
理由はたぶん、自分の場所があるから。
食事はいつも決まった場所に座ります。お昼寝も自分のお布団
に寝ます。ちゃんとここは彼女の場所と示されている時は
泣かないのです。
「さあ、みんなで遊びましょう」といわれても、どこで遊んで
いのか分からず不安になり、先生に助けを求めている。

②言葉の壁
同じ1歳児のクラスですが、みんな彼女よりおしゃべりが上手。
ある女の子は、私にクラス全員の子の名前を教えてくれるほど。
みんな、彼女に「一緒に遊ぼう」と声をかけてくれるのですが
言葉が話せない彼女はうまくコミュニケーションがとれず
お友達には関わりたくない様子。
また家では何か欲求があると、私かちけがなんとなく悟って
あげますが、保育園ではなかなかそうゆうわけにも行かず。
うまく意思が伝わらない苛立ちもあるようです。

はぁぁ。なんかここまで書いたことを読み返してみて、問題
山積みってカンジ。

休職することも考えましたが、とりあえずは、また彼女が
保育園になれるように、まずは仕事時間を短縮し、家では
アイスでも食べゆったりと過ごせるように心がけてみます。笑
ということで、3連発の写真です。
060628-0.jpg

060628-1.jpg

060628-2.jpg

スポンサーサイト
2006/06/25(日)
『オチ?』
060625-0.jpg

この絵本を見ながら、1つずつ指さし
「わんわん」
「にゃんにゃん」
「ちゅーちゅー」
「ぷくぷく」
「こっこー」
「ちっち」

ん?「ちっち」
「ちっちじゃなくて、がーがーだよ」
「ちっち」

・・・そっか、ちっちだ!ちっちだね。
だって保育園には、アヒルのおまるは2つ置いてあるもんね。
みんなあひるにまたがって、ちっちしてるもんね。
納得x2

最初聞いたときは、なにかのオチかと思ったよ。


2006/06/22(木)
『ほんと』
朝でかけるときのこと。

玄関まで、心のよりどころを毛布を持ってきた彼女。
母:「これ持っていくのー?」
し:「うん」
母:「うっそ~」
し:「ほんと」

髪をセットしていたちけも、びっくりして玄関まで出てきま
した。
ちけと顔を見合わせて「ねー、今、はっきりと”ほんと”って
いったよね、ね」

彼女の返事にびっくりした朝でした。
060622-1.jpg

2006/06/17(土)
『もう、疲れた』
「夜泣き→1歳半までに終わる」
という私のイメージは、覆されました。

保育園に行きだし、最初の1ヶ月は、風邪でほとんどお休み
2ヶ月目は生活リズムができ規則正しい生活に。そして
3ヶ月目、夜は寝たくないと11時頃までぐずつき、ようやく
寝たと思っても、夜泣き。週の半分は、彼女の深夜に遊びに
つき合わされています。

「ホントお願いします、ホントお願いします。寝てください」
なんど涙ながらに訴えたことでしょうか。

その上、必ず彼女の風邪をもらってしまう私。
案の定今回も頂きまして、発熱とノドの痛みに苦しんでおります。
とりあえず、ちけは協力してくれるけど、ママッ子しえたんは
常に私に抱っこの要求。

疲れさせれば寝るんじゃないかと、保育園のあと、ゲーセンに
いったり、家で音楽をかけ踊ってはみるものの、効果ゼロ。
これといって得策も見つからず、私の体もちけの体も限界に
近づいてきているようです。

はぁぁぁ。。。。

宇津救命○や漢方とか、使おうかとも思うのですが、副作用も
あるだろうし、ちょっと気乗りがしないし。

仕事辞めようかなあぁ。ちょっと本気で考えちゃいました。
2006/06/14(水)
『ささやかな反撃』
SOHOして3日目。
常にデスクワークってわけじゃないけど、意外とメールと
電話だけで、仕事ができています。
外線の割り込みがかからない分、はかどっているかんじ。

やっと熱が37度台に下がった彼女。
常に「ぶーぶー」と言っては、お外へ出たいとアピール。
あまりにもうるさいので、オムツを買いにちょこっとおでかけ。
帰りに車内で不覚にも寝てしまった彼女。
(いつもなら、駐車場に着くと公園に行くのにね)
部屋に戻ると目を覚まし、車の中じゃないことに怒り爆発!

なんとかアイスでなだめてはみるものの、ちょっとしかお昼寝
できず、ご機嫌ナナメ。
かといて、ママはパソコンを打つ手を止めないし。

そこで彼女のとった行動はコレ。
060614-0.jpg

あの・・・凍っちゃうよ。(氷冷蔵庫のなかに携帯)
何分この中にいたのかは不明。とりあえず正常に動作しています。

明日は、保育園行こうね。
060614-1.jpg

ガチャガチャの蓋を顔に押し当ててみました。

2006/06/12(月)
『SOHO』
朝はご飯も食べ、風邪は治りつつあるように思えましたが
お昼寝しても、咳ですぐに目を覚ましてしまうし、夕方には
体温が40度1分に!
こりゃ大変だと、座薬&おでこと脇のひえピタ攻撃。

さすがに40度にもなると、動く元気もないようで、お布団で
ゴロンと横になったまま。
激しい息づかいに、うつろな目をみていると、私が変わって
あげたくなります。

とは、いいながら、ちゃっかり在宅ワークをしている私。
客先に電話をかけ「それでは、失礼いたします」と電話を
切ろうとしたとき、「ばいばい~」と手を振る彼女。
もちろん客先にもその声は届いており、「バイバイ」と言い返し
てくれました。苦笑

熱があってもサービス精神旺盛な彼女です。
ハイ・ポーズ♪
060612-0.jpg

2006/06/11(日)
『やっぱり風邪』
休日やっているお医者さんに行ってきました。
診断結果は、やっぱり風邪。

待っている間「お医者さんがきたら、ちゃんとぽんぽんを見せて
あげるんだよ」というと、「うん」うなずき「ぽんぽん、ぽんぽん」
とお腹を叩いて練習していた彼女。それにも関わらず、お医者
さんの顔をみるなり号泣。(まだなにもしてないよ)
聴診器をあてられると「いたい、いたい」と言っていますw
(どこが痛いのよ)

診察が終わって「ちゃんとお医者さんにぽんぽん見せれた?」と
聞くと「うん」。満足気な顔でお返事されちゃいました。
(オイオイ、ウソはいけません!)
いつになったら、病院で泣かなくなる日がくるのでしょうか。

と、いうことで彼女の体温は38度7分。
こりゃー明日はお休みだね。

でも子供って本当に熱に強い!
なんで38度あるのに、飛び回ってるの?
「風邪ひいているんだから」って言っても我関せず。
使用済みのひえピタを水で膨らませ、気持ち悪い
感触を楽しんでいます。
060611-0.jpg


そうそう、病院に行った時に、中耳炎についても見てもらった
のですが、耳アカがいっぱい鼓膜が見えないといわれました。苦

今度、耳鼻科にも行こうね。たぶん号泣だね。
2006/06/10(土)
『ポンギ』
連日の深夜ドライブで、睡眠不足の私たち親子。
本当ならゆっくり寝ていたいところですが、今日はちけも私も
カットの予約をいれているので、広尾へGO。
ちけは午前中に表参道の病院の予約をいれていたので、彼女と
私達は、ちけの診察が終わるまで、公園で時間をつぶすことに
しました。
060610-0.jpg

待ち合わせの時間は、pm1:00。
それまで、ゆっくり公園でランチ休憩。

(病院が混んででで、終わりそうにないから、先に行ってて。
今、美容院は込んでないから、しーの面倒見てくれるって)
そんなメールを受信したのがpm1:00。

本当なら、私がカットしている間、ちけに彼女の面倒をみて
もらおうと思っていたのですが、ちけの診察が予想以上に
かかってしまい、彼女を膝に抱っこしてカットしてもらうこと
になりました。

イスの上にチョコをばら撒いたり、貼ってあるシールを剥した
りしたけど予想以上に、彼女はいい子で。
白いTシャツには、私の細かい髪がいっぱいついいたけど、大泣
きすることなく、無事終了。

やっと病院が終わったパパに会えたのは、pm3:30。
このまま帰るのもなんなんで、彼女に六本木ヒルズでも見せて
あげようと思ったらこの有様。
060610-1.jpg

目が覚めてからも、なかなかテンションが上がらず、ずーっと
ベビーカーに乗ったまま。
とりあえず六本木を一周りして帰宅。
060610-2.jpg

帰宅すると彼女の体が異常に熱くなっています。
慌てて検温すると、39度2分!!!
躊躇なく座薬を投入。

そっか、テンション低かったのはしんどかったんだね。
手が熱かったのは、眠いんじゃなくて熱があったんだね。
ごめんね、気づいてあげずに。

明日、病院いこうね。

…もしかして、最近の夜泣きはこのせい?
…そういえば、保育園で、風邪薬を飲んでいる子にちゅされて
 たよね。
2006/06/08(木)
『ぐでんぐでん』
深夜のドライブ。
まさか、するとは思いませんでした。

am1:00いつものように夜泣きで目覚めた彼女。
1時間泣きっぱなし。何をしても泣きづづける彼女をみてちけが
一言。「ドライブでもいく?」
「ぅん」(泣きながら)
さっきまでキーキー泣いていたのがウソのようにピタッと止ま
り、玄関を指差し「くっく」。
おいおい、そんなんで泣き止むの?

彼女もちけも私も着替え、車に乗ってあてのない旅へ。
しばらく車をはしらせるものの、ドライバーがとっても眠くて
事故りそうなので、24時間営業のスーパーへ。

彼女をカートに乗せ、毛布でくるみ、食品売り場をウロウロ。
…あやしい光景ですよね。

~困ったもんです。
水曜日、私が残業で、お迎えはファミサポさん。
ぎりぎり彼女がネンネする前に帰宅し、ちょっとは遊べたけど
きっとママ不足なんだよね。
元気もないようだし、週末はママといっぱい遊ぼうね~

1時間半ほどでしょうか、彼女が熟睡するのをまって、家に戻り
ました。

ちけと私が寝たのは5時。もちろん明日(?今日)は仕事です。

追記①:
予想どおり、仕事中はぐでんぐでんでした。

追記②:
翌日の金曜日も深夜のドライブへ。
金曜日は彼女を疲れさせるべく、夕食後はスーパーのオモチャ売
り場やゲーセンで思いっきり遊ばせたのに…意味なしでした。
060608-1.jpg

060608-0.jpg

2006/06/08(木)
『冷凍庫』
アイスが大好きな彼女。
冷蔵庫の前に立ち、冷凍庫を指差し「まんま」

うちの冷凍庫(せいかくには氷冷凍庫)には、1本10円のバーの
形をしたジュースを凍らせています。

もちろん彼女のターゲットはそのアイス。
ことあるたびに、冷凍庫の前で「まんま」と言っています。

しかし今日は違いました。
てってってと冷蔵庫までかけて行くのに「まんま」の声が聞こえ
ません。特に気にも留めずTVをみている私に彼女が差し出した
のはアイス。

「!!!自分で冷凍庫、開けれるようになったの?!」


それからというもの、冷凍庫を指差し「まんま」と言うの声を聞く
ことはなくなりました。

はぁ・・・こうやっていろいろ憶えていくんですね。
とりあえず、アイスは出してもいいけど、出したらちゃんと
閉めてね。
060606-0.jpg

お願いしますね、100%のマンゴージュースを飲んで、お口の周り
がすごいことになっている人ね。
2006/06/04(日)
『ぅんまー』
ご飯を食べるというようになったこの言葉。
「おいしい?」って聞くと
「ぅんまー」というお返事が返ってきます。

”うまい”じゃなく、”おいしい”でしょ。
「うまい」なんて教えていないのに、これも保育園効果?

今日はちけがプリンを作ってくれました。
そのプリンを食べて「ぅんまー♪」
060604-0.jpg

もう少し大きくなったら、ちゃんと「おいしい」って言おうね。
2006/06/03(土)
『ママッ子しえたん』
「なんで、ママしかダメなの?」
1日なんどそう思うことか。
ちょっとは、パパに抱っこされてよ。
ちょっとは、1人であんよしてよ。
ちょっとは・・・
ついつい口をついて出てしまう言葉です。

そんな、ママッ子しえたんが1日の中で1番言っている言葉は
「っち(あっち)」
なぜかグズリだすと、台所へ行きたがる彼女。
お腹がすくと、「っち(あっち)」。
眠くなると、「っち(あっち)」。
その指示に従わないと、泣きながら「っち(あっち)」を連呼。
仕方がないので、抱っこすると今度は、「んーんー」。
毛布を取ってと言っています。
この季節、体温の高い彼女と、このふわふわ毛布をかかえるの
は正直、暑い!(一番暑いのは彼女のはずなのに…)
060603-0.jpg

そろそろ毛布は片付けたいんだけど…他に彼女の心の寄り所を
見つけてくれないかなぁ。
2006/06/01(木)
『クーラー病』
最近、保育園に彼女を送りに行くと、なぜか泣くようになって
しましました。
教室に向かう足取りは重く、先生やお友達の顔を見ると
「いやぁ~帰りたい~、ママと一緒がいいのぉ」と泣いている
ようです。といっても、2,3分で泣きやむそうなのですがw
ちょっと抵抗したいのかな?

水曜日から体調を崩した私。きっとクーラー病。
吐き気が続き、食欲がなかったので、今日は会社をお休みしました。
なので、ちけが彼女を保育園に送りに行ってくれました。(初体験)

私の体調の良し悪しにかかわらず、彼女は夜泣きをしてくれます。
だいたい、寝てから1時間後にちょっとぐずり、その1時間後にもちょっとぐずり
その3時間後に大泣き。もちろん私の心の中も大泣きです。
1週間の内3日は、起きて1時間程彼女をあやしているので、なんとなく寝不足続き。

それでも最近は、夕飯の後片付けはちけが全部やってくれるので、非常に助かって
いますが、体力は想像以上に消耗しているかんじがします。
060601-1.jpg

この吐き気のせいで体重が2.5Kg減。ちょっとうれしいけど、吐いて減った体重って
すぐに戻るんだよなぁ・・・戻んないでほしいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。