--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/27(日)
『祭りだ!』
今回も帰省は、車。
片道9時間(休憩2時間)かけて、里帰りです。彼女はグズること
なく、終始いい子。車内では、この日のために購入した歌が流
れる本やぬいぐるみで遊んでいました。
(長時間ドライブで泣かなくなっただけ、すごい楽)

今回の目的は祭り。
祭りに帰らないと、地元の友達に仲間はずれにさせられてしま
うので、大変です。

GW以来のばあばとの再会。彼女はテレまくっておりました。
私の後ろでモジモジ。しばらくすると受話器を持って「ばあば」
そうだね、ばあばはいつも電話でお話するんだよね。
いつも電話がなると「ばあば」って言うもんね。

言葉や行動やしぐさ。たった3ヶ月間で全然違うね~とばあば
が彼女の成長をかみしめるまもなく、次から次へとお客さんが
やってきます。

玄関のドアが開くたびに、廊下に出て親戚に愛想を振りまく彼女。
ちけと顔を見合わせ「こんなに社交的だっけ?」
いろんな人にかまってもらえるもんだから、テンション上げ上げ
でございます。

そんな中、花火が打ちあがると、一気にテンション下げ下げ。
花火は家の目の前で上がるので、音がうるさい!
その音にビビッてしまい。一歩たりとも外にでることができません。
折角見せてあげたかったのに・・・

花火が終わって9時。今度は私の友達が遊びにきます。
子連れが多いので、我が家は託児所状態。
保育園効果でしょうか、彼女をちょっと大きいお兄ちゃんお姉ち
ゃんに臆するとなく、遊んでおりました。(これも保育園効果だね)
060824-1.jpg

この写真は、0時15分。
夜更かしの最高記録かな。
興奮状態でなかなか寝れなかった様子。
このまま抱っこしていると、おはやしをBGMに夢の中へ。
060824-2.jpg

彼女をばあばにあずけ、ちけと私は深夜2時まで山車を担ぎました。
少ししか担いでないのに、久しぶりの運動に、自分の体力のなさを
痛感。こんなはずじゃなかったのに・・・
次の日は肩がボロボロだったけど、ちょっと充実。

さてさて、実家では、まるでお殿様のような彼女。
グズると、ばあばが散歩に連れて行ってくれるし。
泣けば、ばあばがポテチやチョコを与えてくれるし。
逆切れで泣いているのに、なぜか「ばあばが悪いね、ごめんね」と
謝るし。(その様子を見て泣き止む彼女)
060825-0.jpg

”この4日間だけのことだから”と思い、目をつむりましたが
これが世間でいういわゆる”孫のネコ可愛がり”というやつ
でしょう。

ばあばは、彼女が泣くことに耐えられないそうです。(なんじゃそりゃ)
いつも笑っていてほしいそうです。

060826-0.jpg

まあ、いっぱいいっぱい彼女を可愛がって(甘やかせて)
くれてありがとね。きっと彼女はばあばのことが好きに
なったと思うよ。

「また遊びにくるからね~」と、ちょっと照れくさそうに
別れを惜しむ彼女と、お土産の野菜や果物が入ったダンボール
5箱を乗せ、11時間の帰路に着きました。
でも、じゃがいも80個とかぼちゃ8個とスイカ4個はちょっと多かった気がするよ。

補足:
帰りの車の中、突然彼女がやりはじめた行動。
「蚊や」と言って手を叩き、そっと手を開いて確認するといったもの。
これって、ばあばのマネだよ。

スポンサーサイト
2006/08/23(水)
『帰省』
明日から、ネットの環境のない、私の実家に
帰省します。
車でノンストップ7時間!

目的はお祭り。4連休で遊んできます。

あっぷっぷー
060823-0.jpg

生まれたときは、ぽっぺがぱっつんぱっつんで、皮膚が
伸びなかったのに・・・それにしても、怖いよ~
2006/08/21(月)
『お医者さんごっこ』
最近の彼女のお気に入りの遊びは、コレ。

イヤホンを私に渡して、耳につけろと言います。
イヤホンを耳につければ、あら不思議、ママがお医者さんに
変身しちゃいました。
そして彼女は、イスを持ち出し、患者さんにはやがわり。

ママ:「お次の患者さんどうぞ」
彼女:「は~い」
ママ:「今日はどうしましたか?」
彼女:「(額に手をあて) ◇△○□・・・ぺったん・・・」
ママ:「お熱があるんですか?」
彼女:「(額に手をあて)あちぃ」
ママ:「じゃあ、ぽんぽん見せてください」
彼女:(洋服をまくりあげ)
ママ:(イヤホンのリモコンをお腹にあてて)
ママ:「じゃあ、次は背中をみせてください」
彼女:(後ろを向いて、洋服をまくりあげ)
ママ:「ノドは大丈夫ですか?お口をあけてください」
彼女:(あ~ん、と大きくお口をあけ)
ママ:「風邪のようですね」
彼女:「×%◇□、∴○#△$・・・」
ママ:「そうなんですか」
彼女:「◇∴%△$×□#○・・・」
ママ:「ではお薬を出すので、ちゃんと飲んでくださいね」
彼女:「(お薬置き場を指差し) あった!」

宇宙語で必死に病状を説明する彼女。
適当に答えるママ。

このやりとり、最低でも10分は続きます。
一生懸命、病状を説明しようと目線を上にやり、考えるマネ
をしているのが笑えます。

本当の病院でも、こんなカンジで泣かずに診察してくれると
助かるんだけどなぁ。


そして、今日保育園に迎えにいくと、同じクラスのカホちゃん
とお医者さんごっこをしていました。
ドアに隠れて2人の様子をみていると、どうやら彼女は患者
さんのようです。

横たわった彼女のお腹を、カホちゃんがさすっています。
「お薬どうぞ」というカホちゃん、彼女はお辞儀をしていました。

つい2ヶ月前までは、びーびー泣いていたのに、お友達とこんな
に遊べるようなるなんて・・・ちょっとうれしくなっちゃいま
した。

060821-0.jpg

UFOキャッチャーで金魚をGET♪大満足の彼女です。
2006/08/15(火)
『いざ、ゆうりちゃん目指して!』
今日は朝から気合が入っている私。
だって、「あ、女の子なんですよ~♪」の、ゆうりちゃん一家に会う日。

途中トラブルもあったけど、なんとか目的地に到着。

どうも、はじめまして。(お互い、よく知っているのにね)

私のオフ会はこれで、4回目。
1回目は、キヨたん
2回目は、はや坊
3回目は、ゆうりくんとキヨたん
で、4回目は、ゆうりちゃんファミリー

ゆうりちゃんパパは、ヤンキースの松井に似ていると聞いて
いたのですが・・・ちょっと似てるかもw。すごく優しいオー
ラを持っているステキなパパさん。
ゆうりちゃんママは、想像どうり。明るくて、ゆうりちゃんと
笑顔が一緒な楽しいママさん。

で、ゆうりちゃんと彼女の対面はというと。
なんでしょうね。社交的で好奇心旺盛のゆうりちゃんに比べて
正反対のうちの子。内向的なひっこみじあんのいじめっ子。
(最悪じゃん!)

ゆうりちゃんがコミュニケーションをとろうとしても、私の後
ろに隠れるモジモジさん。ゆうりちゃんはいろいろオモチャを
貸してくれるのに、自分のオモチャはあげるそぶりだけして、
ゆうりちゃんが手を出すと、オモチャを引っ込めるいじわるさん。
060815-0.jpg

食事を済ませ、待ち合わせ場所であるニューポート内を散策。
広い店内を楽しそうに2人で追いかけっこ。
060815-1.jpg

(やっと交流しはじめた2人(つーか彼女))

レゴのお店では、率先して子供達の中に入っていくゆうりちゃん。
入りたいけど、ちょっと怖くて固まる彼女。
ぶつかっても「ぁいたぁ~」と頭を抑えるだけのゆうりちゃん。
ちょっとぶつかっただけで、「まぁま~ぁ」と大泣きの彼女。

1まわり大きいゆうりちゃんに圧倒されっぱなしの彼女。
ゆうりちゃんは、上手にお歌もダンスも披露してくれました。

言葉もいっぱいしゃべるし、物怖じしないし。
これじゃ、どっちがお姉ちゃんだかわかんないよ。

ちょっとでいいから、ゆうりちゃんのたくましさをわけてください。

060815-2.jpg

2人が目を奪われているのは、レゴのお城。
(しーたん、顔近づけすぎ!)
060815-3.jpg

060815-4.jpg

手をつないで歩いたり、相合傘したり。
ペットコーナでネコや金魚を見たり。

pm2:30。もうとっくに2人のお昼寝時間は過ぎています。
グズグズの彼女。楽しかったけど、もうバイバイの時間だね。
060815-5.jpg

「また会おうね」とハイタッチと握手でお別れしました。
060815-6.jpg

その後の彼女はこんなカンジ。
汗びっしょりで寝ちゃいました。

で、今日はおしまいではなく。
1時間ほどでおっきした彼女の第一声は、「あいしゅ(アイス)」
そこで、アイスと蛸焼きを食べてから、次の目的地、大洗へ。

私のちけのもう1つの目的は、お寿司。
生牡蠣とお寿司をたらふく食べて家路につきました。

ゆうりちゃんにも会えたし、お腹もいっぱいだし、満足な休日
でした。
060815-7.jpg


「ねーねー、しーたん、今日は楽しかった?」
「うん!」
「ゆうりちゃんと楽しく遊んだ?」
「ゆーちゃん」
と言っていました。

よかったね、ママも楽しかったよ♪
2006/08/13(日)
『しゃぼん玉』
彼女の前髪がちょっと目にかかるようになったので、いざ散髪だ!
とビニール袋マンに変身した彼女と一緒にベランダへ。

ビニール袋マンが楽しいのか、案外大人しく切らせてくれました。

さっさと切り終え、部屋に戻ろうとすると「ふーしぇん」
ん?「しゃぼん玉したいの?」

ということで、今日も恒例のシャボン玉大会。
060813-0.jpg

ウチの近所に駄菓子屋さんがあるのですが、保育園の帰り、トコ

トコとその駄菓子やに向かう彼女。
お店の前でモジモジしているので、「1個ならお菓子かってもいい

よ」というと、手にしたのは、シャボン玉。
それから、しゃぼん玉は日課のようになっています。

一生懸命、ふーってやっています。
時々失敗すると、首を横ふって「あれ?」
いっぱいできると、手を叩いて「じょーず」

060812-1.jpg

ちょっとくらい熱があっても、へっちゃらだよね。
2006/08/10(木)
『道先案内人』
連日の猛暑の中、子供のせチャリはつらい。
親子そろって日焼けしまくっています。

家から、保育園までの道のりは
左-左-右-左-右-左-と曲がります。

登園回数、約60回。
彼女も道のりを覚えたようで、曲がり角で、ちょっと止まって
「どっちに曲がる?」と聞くと、「こっちー」と教えてくれるよう
になりました。(ちゃんと全部正解しています)

060808-0.jpg

保育園の帽子を被って、ハイポーズ(ちょっと熱っぽいのね)


また横断歩道の信号のボタンを押すのも日課で、
①ボタンを押す
②信号を指差し「あか」と言う
③青に変わると「あお」と言う
④進む
という一連の動作が楽しいようです。
(先約がいると、ちょっと不服そうですが・・・)

私が当たり前だと思っている日常の出来事でも、きっと彼女には刺激的なことだったりするんでしょうね。
2006/08/06(日)
『禁句&鬼門』
我が家の禁句は「ジャスコ」。
一言でも、「ジャスコ」と言えば、彼女は「ジャース(ジャスコ)
ジャース」と連呼し始めます。
で、次には「ブーブ、ブーブ」。さっさと連れて行けと催促。

それからは、家を出るまで行動のすべてが、”ジャスコに行く
ために”につながります。

「ジャスコで遊ぶために、オムツ替えようね」
「ジャスコ行くために、お着替えしようね」
「ジャスコに行くので、お化粧してもいい?」
「ジャスコ行くのなら、お片づけしようね」
「ジャスコ行くんだったら、戸締りしないとね」

で、ようやく用意ができて、車に乗ると「ジャース、ジャース」
と、うれしそうに手を上げ喜んでいます。

ジャスコまでは車で5分。
すぐに着くのですが、ちょとでも寄り道し、時間がかかると
「ジャース、ジャース」と不安そうw

大丈夫、ちゃんとジャスコ行くから!

彼女はピンクの看板はもちろん、建物の形でも認識しています。
外壁が一部見えただけでも「ジャース、ジャース」と大喜び。

素通りし他のお店に立ち寄るもんなら、ことある毎に「ジャース」
と言っています。

「ん、ジュース?」と私がとぼけると、「きーーっ」と癇癪。


ということで、我が家では「ジャスコ」は禁句です。
しかも、鬼門でもあります。

「ジャスコに行かないときは、ジャスコの前の道を通らない」
鉄則にしたいけど、国道沿いなので、厳しいです。

060806-0.jpg

大好きなゲーセン
060806-1.jpg

もっと遊びたいよ~ と拉致される
2006/08/05(土)
『足とは』
自分の足を指差し、「あんよ」と言っている彼女。
「てっては?」と聞くと「あった!」と自分の手を指差しています。
そこで、ネコのぬいぐるみを差し出し、「てっては?」と聞くと
「なぁい」といいます。じゃあ「あんよは?」と聞くと、前足を指
差し「あった」。

キティちゃんのぬいぐるみを見せて「てっては?」と聞くと、
「あった!」とお返事。

そっか、地面についているのが、あんよなのね。

彼女は、地面についているか、いないかで足を判断しているよう
です。

「しえちゃん、しっぽある?」と聞くと、一生懸命、自分のお尻を
触って「なぁぁいぃ」と、叫んでいました。

060804-0.jpg

アンパンマンのケースに自分が入って、蓋をしようとしてますが、もちろん入りません(苦
2006/08/02(水)
『かえるのうた』
え~、それでは、ここで1曲、歌っていただきましょう!
リス2組のしえちゃんとママで、「かえるの歌」

はりきって、どうぞ!
(画像はハメコミです)

一生懸命に歌っていますw
はやく、ゲゲゲゲの部分を歌いたいらしく、何度も先走って
いるのが笑えます。

こんなカンジで歌える?のは、「ちゅーりっぷ」、「ぞうさん」
「げんこつ山のたぬきさん」

これからどんどんレパートリーが増え、もうちょっとちゃんと
歌えるようになっていくんでしょうね。
今日も、「かえるの歌」を歌いながらネンネしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。